●そばオーナー制度

🍀常陸秋そば観察日記🍀

○○○○○○○○イメージ

 

 H29年度そばオーナー制度で耕作している圃場の状況を報告いたします!

 

●平成29年11月9日(木)【11月10日更新】

本日11月9日、地元農家の方のご協力のもと、オーナー圃場の機械刈りを行いました。

次回12月2日(土)には、収穫された玄そばを製粉して、“新そば粉”としてオーナーの皆さんに配布いたします。

新治地区のそば農家さんのお話では、「10月の台風の影響で実が落ちてしまい、今年は採れない(収量が少ない)」という情報も寄せられています。

オーナー圃場もどれくらいの収量になるか気になるところですが、楽しみにお待ちいただきたいと思います。

 

 

 

●平成29年11月3日(金)【11月8日更新】

オーナーイベントの“収穫の集い”を実施いたしました。

早朝まで雨が降り、実施が危ぶまれましたが、その後天気が回復し、鎌を使用した手刈り体験を行うことができました。

参加した皆さんが手刈りをして収穫した玄そばは、次回12月2日(土)の際に“そばの実”として配布したいと思います。

また、そばつゆ“かえし”作りを、栗原会長直伝のレシピをもとに体験いたしました。

年越しそばを食べるときに使用していただきたいと思います。

ご参加いただきましたオーナーの皆様ありがとうございました。

 

 

 

●平成29年10月26日(木)

白いそばの花もすべて落ち、茶褐色のそばの実が目立つようになりました。

11月3日(金)の収穫の集いでは、そばの実の熟成も進み、良い状態で刈り取りができると思います。

圃場のあちこちに先日の台風による倒伏がみられ、どれくらい収穫に影響するかが気になるところです。

 

 

 

●平成29年10月18日(水)

そばの実の熟成がすすみ、花の時期も終わりに近づいています。

実の色も茶色から段々と黒に近づき、熟成が進んでいるようです。

 

 

●平成29年10月10日(火)

まだ花が咲いているところも多く見られますが、茶色いそばの実ができ始めました。

このまま順調に成熟して欲しいものです。

そばオーナー会長の栗原さん曰く「今年は、実の付き方が良い」とのことなので、豊作になることを期待しています。

 

 

 

 

●平成29年10月2日(月)

そばの花🌼が満開となり、見頃となっています

茨城県は、そばの生産地として、北海道に次いで全国2位となっています。

土浦市新治地区では、この時期、県道沿いなど様々な場所でそばの花をご覧いただくことができます。

土浦へお出かけの際は、ぜひ新治地区へお立ち寄りいただいて、満開の美しいそばの花🌼をご覧いただきたいと思います。

 

 

 

●平成29年9月23日(土)

オーナーイベントの“花見の集い”と“そば打ち体験①”を実施いたしました。

天気にも恵まれ、🌼満開のそばの花をご覧いただくことができました。

そば打ち体験では、初めての方や既にプロ級の方など様々な方がいらっしゃいましたが、楽しく体験することができました。

ご参加いただきましたオーナーの皆様ありがとうございました。

 

 

 


 

●平成29年9月20日(火)

そばの花が咲き始めました。

🌼五分咲きくらいでしょうか、可愛い白い花が圃場に広がっています。

昨日の台風の影響で倒れている箇所も見受けられますが、育成には問題ないかと思われます。

23日“花見の集い”では、皆さんに満開のそば畑をご覧いただきたいと思います。



 

 

●平成29年9月11日(月)

そばの背丈が、約50cmにもなり圃場全体が緑で覆われています。

白い小さな蕾(つぼみ)も見え始め、中には開花し始めているもの見つけられました。






●平成29年9月4日(月) 

そば苗は約25cmくらいに成長し、葉も約8cm程の大きさになりました。






●平成29年8月30日(水)

順調に生育しており約15~20cmの可愛い緑のそば苗が圃場全体に広がっています。


 

●平成29年8月19日(土)

 “種まきの集い”当日の朝は雨が降っていましたが、種を播くころは雨も上がり、無事実施することができました。ご参加いただきましたオーナーの皆さんありがとうございました。